コストを下げるIP電話|円満経営のヒント発見

男女

費用の削減に貢献

オフィス

中古リースを取り入れておくことによって、お得にビジネスフォンを導入することが出来るようになっています。そのため、経営にかかるコストを抑えたいという場合にピッタリなサービスであると言えるでしょう。

Read More

コストを下げるコツ

インク

リサイクルトナーを交換する場合、業者選びが重要となってくるので、選び方のコツを知っておくといいでしょう。そうすることによって、損をすることなく、快適にプリンターを使用することが可能です。

Read More

レンタルで費用を節約

社内

リース事業のサービスを行なっておくことによって、購入にかかる費用を節約することが出来ます。ビジネスフォンやオフィスなど様々な種類を用意しているので、目的に合わせて選ぶことが必要です。

Read More

色々な電話

電話

IP電話は古くから技術的に可能なサービスであったと言われている。 しかし、実現するにはある程度の通信速度が必要だったためブロードバンドが広まってから普及した。 固定電話いわゆる一般加入電話を利用するためには、もしもしという声をアナログ音声信号に変えて、電話線に乗せてやりとりする必要がある。これには全国に電話局が必要なためお金がかかる。 対してIP電話はもしもしをインターネットのデータと同じ信号に変えてやり取りするため、電話局が不要で料金が安く抑えられるというメリットがある。 固定電話には、いわゆる電話の権利をもつためのお金や、距離に応じて電話代が高くなる等のマイナスと言える面があった。 それに比べるとIP電話は電話の権利が無くても良い上、電話代が驚くほど安いというプラス面がある。 では逆にIP電話にするデメリットは何かというと、ブロードバンドの回線が必要であること、プロバイダの契約料がかかること、緊急通話が発信できないこと、停電時に利用できないこと、特別な機器が必要であること等がある。

インターネットが普及してからはIP電話のデメリットであげた料金の面はほぼ解決できていると言える。 なぜならIP電話をしなくても、どうせインターネットの料金である、回線料やプロバイダ料はかかってしまうのだから。 緊急電話やフリーダイヤルが掛けられないという点や停電時も、利用頻度を考えれば携帯電話で代替できると考えると大きな支障にはならない。 それを踏まえると固定電話を廃止してIP電話にすることには何の障害も無いように感じる。 それなのに、いまだに固定電話の人が相当数存在するはなぜか。 もちろん様々な原因はあるだろうが、特に考えられることは固定電話への安心感と、IP電話の認知度の低さではないか。 この2点の問題点を取り除く努力行えば日本全土をIP電話化することも可能になるのではないだろうか。